レフティ(左利き)ギター、アコーディオンハーモニカなら谷口楽器へ! TANIGUCHI-GAKKI

谷口楽器

2021年04月11日最初の1本におすすめのクロマチックハーモニカ

こんにちは、谷口楽器平良です。

 

 

 

今回は、ビギナーにおすすめのクロマチックハーモニカをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

【12穴クロマチックハーモニカ】

 

3オクターヴの音域を持つ、標準的な音域のクロマチックハーモニカです。

ほとんどのクロマチックハーモニカ用楽譜が12穴・3オクターヴで足りるように書かれています。

ジャンルを問わずに用いられていますが、クラシックにおいては特に12穴が用いられることが多いです。

 

 

 

 

 

 

HOHNER Super Chromonica 270

 

 

【仕様】

ボディ:木製

リードプレート:釘止め

マウスピース:四角穴

ストローク:ショートストローク

 

 

【音色】

木製の柔らかい音色が特徴です。

おとなしめの音色でやさしく、メロディックに吹くことが可能です。

 

 

【吹き心地】

低音部、高音部は気密性の高いプラスティックボディSCX-48の方が比較的出しやすいです。

 

 

【メンテナンス】

リードプレート釘止めでメンテナンスは難しいです。

湿気で膨れてしまうことがあり、長時間の練習には向きません。

何本かローテーションで使うのがおすすめです

 

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

HOHNER Super Chromonica 270

 

 

 

 

 

 

 

 

SUZUKI SCX-48

 

 

【仕様】

ボディ:プラスティック

リードプレート:ネジ止め

マウスピース:丸穴

ストローク:ロングストローク

 

 

【音色】

丸く、明るい音色、広がりのある音色

どのジャンルにも合う音色です。

 

 

【吹き心地】

ロングストロークでマウスピース内の穴が大きく、息が入りやすい

 

 

【メンテナンス】

プラスティックボディ、部品数が少なくでメンテナンス性が良いです。

ボディは水洗い可能です。

 

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

SUZUKI SCX-48

 

 

 

 

 

 

 

 

GOLDEN BIRD

 

台湾のメーカーGOLDENBIRDの中国工場で生産されたモデルになります。

クロマチックハーモニカを始めてみたいが「意外と高い…」といった方でも気軽にクロマチックハーモニカを始めていただけます!!

 

 

【品質】

中国製の楽器にはなりますが、谷口楽器にて最終検品をしておりますのでお客様に安心してお使いいただけると思います。

ピッチは厳密に合わせてあるわけではないのですが、最初の一本としてクロマチックハーモニカがどのようなものであるのか知るにはそれほど問題はないかと思います。

3オクターヴ普通に音を出せるのはもちろん、ベンドまで可能です!

 

 

【音色】

一番気になるのは音色だと思います。

しっかりと息量をいれて吹くと1万円をきる価格にしては意外といい音がします。

このハーモニカでいい音を出すことができればどのハーモニカでもいい音を出せると思います笑笑

気になる方は下の試奏動画も合わせて見てみてください!

 

 

【メンテナンス】

リードが折れた場合は、リードプレートごとの交換で対応させていただきます。

マウスピース、スライドレバーの在庫もございます!

マウスピース部分は、マウスピースとスライドレバーのみで、スライドプレートやフランジなどの部品がないのでメンテナンスは比較的簡単です!

 

【吹き心地】

吹き心地はそこまでいいわけではではありませんが、普通に吹く分には問題はありません。

パッカー奏法はもちろん、深くくわえやすいカバー形状なのでタンブロック奏法にもおすすめです。

奏法を問わないのでクラシック、ジャズ、ポップス、様々なジャンルでお使いいただけます!

 

販売価格税込¥8800

 

 

 

ネットからのご注文はこちらから↓
Golden Bird (12穴) 【クロマチックハーモニカ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【16穴クロマチックハーモニカ】

12穴より1オクターヴ下の音域まで含む、4オクターヴのクロマチックハーモニカです。

低音に余裕を持ちたい、他の楽器の楽譜をそのまま演奏する場合に重宝します。

JAZZ、ポップスなどを演奏される際によく用いられます。

4オクターヴを推奨するお教室もございますので、お教室に通われる予定の方はご確認の上ご購入されることをおすすめいたします。

逆にクラシックのお教室では4オクターヴはあまり推奨されておりませんのでお気を付けください。

 

 

 

 

 

HOHNER 64 Chromonica 280

 

 

【音色】

明るい音色で、パワフルな表現がしやすいです。

 

 

【吹き心地】

唇止めがあり、浅くくわえて吹くことに適しています。

大きい音を心地よくだすことができます。

 

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

HOHNER 64 Chromonica 280

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SUZUKI SCX-64

 

 

【音色】

丸く、落ち着いた音色です。

 

 

【吹き心地】

ハーフムーンマウスピースで、唇止めがなく、なめらかな形状で深くくわえやすいです。

気密性が高いため、低音であっても比較的音がだしやすいです。

 

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

SUZUKI SCX-64 

 

 

 

 

ぜひそれぞれのハーモニカの特徴をもとに、ご自身にあったクロマチックハーモニカをお選びください!!

タグから探す