レフティ(左利き)ギター、アコーディオンハーモニカなら谷口楽器へ! TANIGUCHI-GAKKI

谷口楽器

2022年04月23日最初の1本におすすめのクロマチックハーモニカ

こんにちは、谷口楽器ハーモニカ担当の平良です。

 

今回は、初心者の方におすすめなクロマチックハーモニカをご紹介いたします。

これからクロマチックハーモニカを始めてみたい方必見です!

 


 

 


クロマチックハーモニカとは?

 

 

クロマチックハーモニカは、レバーを押すことによって半音を上げることができるハーモニカです。

レバーを押さない状態がピアノでいう白鍵、レバーを押した状態がピアノでいう黒鍵になります。

どの調子(キー)でも一本で吹くことができるのが大きな魅力です。

 


クロマチックハーモニカの音域と種類

 

穴数 12穴 14穴 16穴
音域 3オクターヴ 3オクターヴ半 4オクターヴ
音の数 48音 56音 64音

 

クロマチックハーモニカは、12穴、14穴、16穴の3種類がございます。
穴数が増えるほど音域が広がります。

今回は、12穴と16穴のモデルをご紹介します。

 

クロマチックハーモニカの音域について詳しくはこちら


 

初心者おすすめ➀ SUZUKI SCX-48 (12穴)

 

 

音の出しやすさに定評がある日本製ハーモニカです。

SCXシリーズは12穴、14穴、16穴の3種類のラインナップがございます。

特にこだわりがなければ、最初は12穴が小さくて扱いやすいと思います。

 

 

 

プラスティック製のボディです。

ドライバーでボディを取り外して水洗いをすることが可能です!

プラスティックボディは気密性が高く、低音部や高音部でも比較的音が出しやすいです。

比較的落ち着いた音色が特徴です。

 

 

 

 

マウスピースは唇によくフィットする半円状の形状です。

丸穴で丁寧に面取りがされており、唇のすべりがいいです。

丸穴マウスピースは音も比較的丸いです。

 

ネットからのご注文はこちら

 

 

SCX-48は、別売りのサイレンサー(SNB-48 users set)を後付けすることが可能です。
こちらは、音圧を80%カットできます!
また、サイレンサーが初めからついているセット(SNB-48 full set)もございます。

 


 

初心者おすすめ② HOHNER Super Chromonica 270 (12穴)

 

 

HOHNER社、ドイツ製のクロマチックハーモニカです。

クロマチックハーモニカの代名詞的存在です。

かなり歴史のあるモデルで、トミーライリーやラリーアドラーなどのプロ奏者が愛用してきました。

こちらは12穴のみのラインナップです。

 

 

 

カバー裏面はHOHNERの歴史を表す美しいデザインです。

それぞれのデザインに意味があります。

 

 

 

伝統的な木製ピアウッドボディです。

湿度によって変形しやすい木材をクロマチックハーモニカのボディに用いるには高い技術力が要求されます。

現在、木製ボディクロマチックハーモニカを製造しているメーカーはHOHNER唯一です。

ボディは水洗い不可で、湿度により変形しやすいため演奏後はしっかりと自然乾燥させてください。

 

 

 

四角穴マウスピースで息がストレートにリードに伝わる感じがします。

シャープな音色ながら木製ボディ特有の温かみのある、特有の音色が特徴です。

この音色は多くの方に好まれており、著名なプロ奏者の方も愛用しています。

 

 

 

今だけ、世界的クロマチックハーモニカ奏者の和谷泰扶氏の教本DVD付属です!

 

 

ネットからのご注文はこちら

 


 

初心者おすすめ③ HOHNER Discovery48 (12穴)

 

 

とにかくコストパフォーマンスがいい!

HOHNER社、ドイツ製のクロマチックハーモニカです。

こちらも12穴のみのラインナップです。

 

 

 

プラスティックボディで、ボディは水洗い可能です。

プラスティックボディ特有の、明るく軽やかな音色が特徴です。

 

 

 

マウスピースもプラスティック製です。

フラットな形状のカバーで深くくわえやく、クラシックで用いられる「タンブロック奏法」がしやすいです。

四角穴で息がストレートにリードに伝わる感じがあり、比較的シャープな音色です。

 

 

 

今だけ、世界的クロマチックハーモニカ奏者の和谷泰扶氏の教本DVD付属です!

 

 

ネットからのご注文はこちら

 


 

初心者おすすめ④ SUZUKI SCX-64 (16穴)

 

 

 

プラスティックボディで気密性が高く、吹き心地に定評がある日本製ハーモニカです。

シリーズで12穴、14穴、16穴のラインナップがございます。

16穴は最も広い音域です。

 

 

 

プラスティック製のボディで、ボディだけであれば水洗いも可能です!

プラスティックボディは気密性が高いために低音部まで音が出しやすいです。

16穴でボディが大きくなるため、より広がりのある音色になります。

 

 

 

 

マウスピースは唇にフィットする半円状の形状です。

丸穴で丁寧に面取りがされており、唇のすべりもいいです。

 

 

ネットからのご注文はこちら

 


 

初心者おすすめ⑤ HOHNER 64 Chromonica 280 (16穴)

 

 

古くから定番のスタンダードモデルです。

16穴クロマチックハーモニカです。

スティービーワンダーも愛用の有名モデルです。

 

 

 

カバーの開きが大きく、明るい音色で音も大きいです。

乾いた音色で、パワフルな表現がしやすいので、ブルースにもおすすめです。

プラスティック製のボディで、こちらもボディだけであれば水洗いも可能です!

 

 

 

カバーに唇止めがあり、くわえやすいです。

スライドはクロス配列で、開きがおおきいため大きい音を心地よくだすことができます。

 

 

ネットからのご注文はこちら

 


 

ぜひそれぞれのハーモニカの特徴をもとに、ご自身にあったクロマチックハーモニカをお選びください!

 

お求めの際は谷口楽器まで!!

 


関連ブログもぜひご覧ください!

 

ストレート配列とクロス配列の違い

 

【初心者おすすめ】 HOHNER Super Chromonica 270 と SUZUKI SCX-48 比較

 

初心者におすすめのクロマチックハーモニカ

 

クロマチックハーモニカの音域について

 

まとめブログ Harmonica Seeker’s Diary

タグから探す