レフティ(左利き)ギター、アコーディオンハーモニカなら谷口楽器へ! TANIGUCHI-GAKKI

谷口楽器

2021年05月02日SEYDEL テンホールズハーモニカ Low-Low Key

こんにちは、谷口楽器平良です。

 

 

今回ご紹介いたしますのは、SEYDEL 1847 Classic, 1847 Noble のLow-Low key です。

 

 

 

【Low-Low Key とは】

Low-Low Key は、LF, LEなどLow keyのさらに1オクターヴ低いモデルとなります。

なので、Low-Low Key では16穴クロマチックハーモニカの最低音より低い音がでます。

 

 

 

【Low Tone-Bold Body】

 

お値段はそのまま、Low Key はLow Tone-Bold Body というモデルになっており、 ボディやカバーが通常のものよりも厚くなっており、超低音のリードの振動に適した形になっております。

 

 

 

【Low-Low Key ラインナップ】

1847 Classic Low-Tone BOLDBODY, 1847 Noble Low-Tone BOLD BODY でのラインナップがございます。

キーはLLF#, LLF, LLEの3つです。 

 

 

 

【吹き心地】

Low Fでも十分低いのですがそれよりも1オクターブ低いので、もはや笑ってしまう程に低いです笑笑。

和音を吹いていると重厚なサウンドが得られ、頭にまで響いてくる 超低音が心地いいです。

テンホールズを吹いているというより、バスハーモニカを吹いているような感覚です。

 

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

SEYDEL 1847 Classic  Low Tone – BOLD BODY

 

SEYDEL 1847 Noble Low-Tone BOLD BODY

 

 

 

お求めの際は谷口楽器まで!

タグから探す