レフティ(左利き)ギター、アコーディオンハーモニカなら谷口楽器へ! TANIGUCHI-GAKKI

谷口楽器

2020年12月30日SUZUKI SCX-64 と HOHNER 64 CHROMONICA 280 比較

こんにちは、谷口楽器平良です。

 

 

今回は、16穴クロマチックハーモニカの中で一番お求めやすく、価格が同じであるSUZUKI SCX-64HOHNER 64 CHROMONICA 280を比較していきたいと思います。

 

 

左 SUZUKI SCX-64  右 HOHNER 64 Chromonica 280

 

 

 

【マウスピース】

最初に、吹き心地に大きく影響するマウスピースから比較していきたいと思います。

 

SUZUKI SCX-64はマウスピースに角がなく丸くなっております。この形状のマウスピースは深くくわえやすく、しっかりとリードをならすことができます。

 

 

HOHNER 64 CHROMONICA 280は唇にフィットする形状でストレートにリードに伝わり、クリアなサウンドになります。

 

 

 

【カバー】

ハーモニカの音色の3割はカバーによって変わるといっても過言ではないほど、カバーの影響は大きくなります。

 

SUZUKI SCX-64 はカバー背面の開きが小さく、落ち着いた印象の音色です。

 

HOHNER 64 CHROMONICA 280はカバー背面の開きが大きく、音の抜けがよく、明るい印象です。

 

 

 

【音色】

SUZUKI SCX-64の音色は、落ち着いていて丸い印象です。

HOHNER64 CHROMONICA 280は、はっきりとした発音が可能でパワフルです。また鋭い表現が可能です。

 

 

 

曲調によって向いているハーモニカは変わり、吹き方によっても感じ方は変わってきます。

ぜひ、それぞれの違いを感じて楽しんでください!

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

SUZUKI SCX-64 

HOHNER 64 Chromonica 280

一覧に戻る

タグから探す