レフティ(左利き)ギター、アコーディオンハーモニカなら谷口楽器へ! TANIGUCHI-GAKKI

谷口楽器

2020年12月19日【初心者おすすめ】 HOHNER Super Chromonica 270 と SUZUKI SCX-48 比較

こんにちは、谷口楽器平良です。

 

 

これからクロマチックハーモニカを始められるという方から、木製ボディのHOHNER Super Chromonica 270と、プラスティックボディのSUZUKI SCX-48についてお問い合わせを多くいただきます。

 

 

 

初めの1本としてはどちらもおすすめできるモデルです。

 

 

 

 

今回は、HOHNER Super Chromonica 270SUZUKI SCX-48 をご紹介いたします。

 

 

 

 

HOHNER Super Chromonica 270

 

 

【仕様】

ボディ:木製

リードプレート:釘止め

マウスピース:四角穴

ストローク:ショートストローク

 

 

【音色】

木製の柔らかい音色が特徴です。

おとなしめの音色でやさしく、メロディックに吹くことが可能です。

 

 

【吹き心地】

低音部、高音部は気密性の高いプラスティックボディSCX-48の方が比較的出しやすいです。

 

 

【メンテナンス】

リードプレート釘止めでメンテナンスは難しいです。

湿気で膨れてしまうことがあり、長時間の練習には向きません。

何本かローテーションで使うのがおすすめです

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

HOHNER Super Chromonica 270

 

 

 

 

 

 

 

SUZUKI SCX-48

 

 

【仕様】

ボディ:プラスティック

リードプレート:ネジ止め

マウスピース:丸穴

ストローク:ロングストローク

 

 

【音色】

丸く、明るい音色、広がりのある音色

どのジャンルにも合う音色です。

 

 

【吹き心地】

ロングストロークでマウスピース内の穴が大きく、息が入りやすい

 

 

【メンテナンス】

プラスティックボディ、部品数が少なくでメンテナンス性が良いです。

ボディは水洗い可能です。

 

 

ネットからのご注文はこちらから⇩

SUZUKI SCX-48

 

 

SUPER 270, SCX-48 どちらもおすすめの楽器です。音色の違いもふまえてご検討ください!

タグから探す