レフティ(左利き)ギター、アコーディオンハーモニカなら谷口楽器へ! TANIGUCHI-GAKKI

谷口楽器

2020年11月01日イタリア旅行紀①アコーディオンの故郷カステルフィダルド!

こんにちは、谷口楽器アコーディオン担当の島田です。

2019年の7月初旬に、アコーディオンの聖地 と呼ばれる街 カステルフィダルドへ行ってきました。

アコーディオンのルーツを巡る約5日間の旅の内容を、写真と共にまとめてみましたので是非ご覧ください!

 

   

目次

  1. 旅のスケジュール 
  2. カステルフィダルドとは 
  3. ホテル、ビーチ
  4. 空港・機内
  5. 食事会「Colombo」~ゼロセッテ工場長・アレッシオさんと

   

1. 旅のスケジュール  旅のスケジュール

1日目  移動

  • 羽田空港→ドバイ空港→ホテル ヌマーナ 
  • 夕食「Colombo」にて

2日目 

  • VICTORIAショールーム見学
  • カステルフィダルド観光
  • FBB工房見学

3日目

  • リシャールガリアーノ氏によるワークショップ
  • ロレート 教会観光 
  • リシャールガリアーノ氏ソロコンサート

4日目

  • VICTORIAショールームレポート
  • みんなでGala Lunch ~MadFoodにて~ 
  • CONCERTINOコンサート

5日目

  • 工場見学(アコーディオン工場、ケース工場、リード工場
  • 最後のディナー~Acaplucoにて~

  

  

そもそもこのツアーは

イタリアの大手アコーディオンメーカー「VICTORIA」の創業100周年記念イベントに合わせて、JAPC(日本アコーディオン振興協議会)主催で企画されたツアーでした。

 

旅の参加者は日本のアコーディオン輸入代理店さんをはじめ、アコーディオン愛好家の方々や講師の方々総勢19名での、移動時間も含め約1週間のツアーでした。

VICTORIA 100th Anniversary Eventの一部(写真をタップすると拡大されます)

 

2.カステルフィダルドについて

カステルフィダルドはローマから約200kmほど離れたイタリアの中部、アドリア海に面した場所に位置します。 アコーディオン工場やショールームが軒を連ねる場所は、ビーチから少し離れた山の上の方。

なんと世界のアコーディオンの8割が、このカステルフィダルドで生産されているそうです!これがアコーディオンの聖地、故郷と呼ばれる所以なのですね。

 

経度は日本の札幌と同じくらいとのことなので、普段は涼しいのでしょう。エアコンがあるお店やホテルはほとんどありませんでした。 ・・・しかし、私たちが旅した2019年の夏は猛暑で、記録的暑さが続いた年でした。

 

旅の間中、ほとんど雨が降らなかったことは運が良かったのですが・・・

・・・本当に、身体が溶けてしまいそうなくらい、暑かったです!!!汗

 

なので、ペットボトルの水が体温調節のための命綱。日本のように、街中に自動販売機やコンビニがあるわけではないので、毎朝一人1本は必ずお水を持参して旅しました。

 

カステルフィダルドの写真

 

3.空港・機内食の写真

    

4.ホテル・ビーチの写真

 

 

5.夕食コロンボでの写真

 

 

今回は写真を中心に掲載してみました。

次回から、アコーディオンについてもっと詳しい情報をレポートしていきたいと思います。

ではまた!

 

次回予告

~VICTORIAショールーム見学~

~FBB工場見学~

一覧に戻る

タグから探す